ユニリーバ・ジャパン プラスチックごみの循環利用開始

2020年までにPET素材ボトルの100%再生プラスチック切り替えを目指しすユニリーバ・ジャパン(本社:東京都目黒区)が、今夏から区内で開催されるお祭りなどに積極的に参加し、飲み終わったペットボトルの回収などの活動を行っている。回収されたペットボトルは、同社製品のパッケージとして生まれ変わるという。この活動に加え「NAKAMEGURO BLOCK PARTY」では、来場者がプラスチックごみ問題を考えるきっかけになるようなインスタレーション 「Earth Table Project」の展示を行った。

10月26日に中目黒合流点遊び場で開催された「NAKAMEGURO BLOCK PARTY」での様子。

<参考>
ユニリーバのプラスチックへの取り組み
https://www.unilever.co.jp/sustainable-living/approach-to-plastic/

(South65 2019年11月1日より転載)

関連記事

最近の記事

ピックアップ記事

  1. 先般より新型コロナウイルスの影響で、学校が休校になったり、仕事でも、時差出勤やリモートワークを取り…
  2. 幻の高級魚「クエ」を刺し、揚げ、鍋など、職人の技によって、様々な角度から楽しめる木曽路の「クエ贅沢…
  3. 大阪府泉南市りんくう南浜にスポーツ・食・レジャーをまるごと体験できる関西最大級のレクリエー ション…

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る